管理部門のコンサルティングとアウトソーシングなら株式会社マネジメントエージェントにご依頼ください

株式会社マネジメントエージェント|代表ごあいさつ

小昏 雄介
私は、外資系の戦略コンサルティングファームであるアクセンチュア株式会社において戦略コンサルティングを学んだ後、東証マザーズ上場の株式会社リンク・ワンにおいて管理部長として管理部門の統括を経験してまいりました。

世の中のベンチャー企業・中堅企業の社員の多くは、経営者視点やコンサルタント視点をもって業務にあたることが出来ていません。しかし、社長が外部のコンサルティングファームにサポートを依頼しても満足いく支援が得られないことが大半です。それは、多くのコンサルタントは知恵を持っているだけの、汗をかかない外部の存在であるからです。

当社はお客様に対して、コンサルティング業界で培った知恵を提供するとともに、管理部門の実務経験に裏打ちされた汗をかきます。つまり、お客様の管理部門の業務を実際に代行しながら企業の改善・変革も実行していくのです。

私は、近い将来において、全国の企業が管理部門の業務をアウトソーシングする時代がやってくると確信しております。コンサルティング能力と実務経験を持ち合わせたプロフェッショナル集団として、マネジメントエージェントはベンチャー企業・中堅企業のベストパートナーとなり、管理部門を外部に委託する新たな時代を創造してまいります。


当社のポジショニング〜知恵を出し、汗をかくプロフェッショナル企業〜


代表者紹介
東京大学経済学部を卒業後、アクセンチュア株式会社へ入社。システムコンサルタントとして営業支援システムの開発・導入などに従事した後、戦略コンサルティング部門へ異動し、コスト削減・営業力強化・業務プロセス改善など数多くのプロジェクトを歴任。
その後、個人コンサルタントを経て、外食支援ベンチャーの株式会社リンク・ワン(東証マザーズ上場)へ入社。飲食業態のフランチャイズ展開など様々な事業開発業務に携わった後、同社管理部長へ昇進。
上場企業の管理部の責任者として、経営企画・IR・法務・総務・人事・経理・ファイナンスなどの管理業務全般を統括した。
その後、株式会社マネジメントエージェントを設立。きめ細やかな業務と徹底したフォローアップで多くのクライアントの成長を支援している。